職場によって違う職場内容!?

確認しておきたい理学療法士の仕事とは!

理学療法士の仕事

理学療法士として働くといっても、職場によってその内容が変わってきます。そのため、どのような特徴を持った職場なのかを事前に把握しておく必要性があります。一体、理学療法士の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。急性期病院・クリニックの場合、回復期リハビリテーション病院の場合、高齢者施設の場合をそれぞれ紹介していきたいと思います。

まず、急性期病院・クリニックですが、これは機能回復とリスク管理が挙げられます。ここにいる患者さんは、その障害の元になっている原因が取り除かれていないということがほとんどです。そのため、動かない体を動かすことによって、筋力の低下を防ぎ、その病気や怪我のリスクを把握します。

回復期リハビリテーション病院での仕事内容は動作の改善です。日常生活に必要な動作を取り戻すために、より実践的なリハビリテーションが求められます。場合によっては家族や介護士などと連携することも必要です。

高齢者施設では機能の維持が重要な仕事となります。マンツーマンでの指導が難しくなるため、介護士とのコミュニケーションが重要になってきます。

働く職場によって違う仕事内容を持つ理学療法士ですが、一番の目的は利用者の生活の質を維持、向上させるというものです。人の助けを借りずに生きていきたいというのは、人間の持っている根本的な思いだと言われています。それが障害によって困難になってしまった人の支えとなるのが理学療法士の仕事なのです。


【管理人推奨サイト】
理学療法士になるためには、養成校に通って知識やスキルを身に付けなければなりません。色々な職場で活躍したいと考えている方は、理学療法士養成校に通って勉強するのが一番の近道でしょう >> 理学療法士養成校

Go To Top