職場によって違う職場内容!?

確認しておきたい理学療法士の仕事とは!

回復期の場合

回復期リハビリテーション病院での理学療法士の仕事内容は、機能回復と動作改善になります。急性期病院の平均在院日数は最近では減っていきています。症状がある程度落ち着いたら、すぐに他の病院へと移動するという患者さんも増えているようです。

しかし、症状が落ち着いたと言っても日常生活に支障が残るということも考えられます。そのようなときには回復期リハビリテーションで回復力を測るのです。

回復期のリハビリテーションでは、日常生活に即した、より実践的な動きを採用しています。そのため、利用者の身体機能だけでなく、家族との関係性や家屋の構造、また生活スタイルまで詳しく踏み込み、患者がより生活しやすいように工夫をする必要があるのです。

リハビリが進んで患者が安心して行うことが出来る動作が増えてきたら、介助方法の変更点を看護師や介護士に指導するという点も見逃せないポイントでしょう。過剰な介護になることで本人の自立心を損ねてしまうかもしれないからです。

機能回復と動作改善が回復期リハビリテーションでの理学療法士の仕事内容になります。日常生活を問題なく行えるための実践的なリハビリテーションを行い、介護士や看護師との連携も取っていきます。

Go To Top